TOPへ戻る

ウォーターサーバーの特徴

ウォーターサーバー比較・人気ランキング

ウォーターサーバーの特徴

 

ウォーターサーバーとは、amazon.jpg専用のボトルをサーバー本体にセットするだけで、いつでも冷水・温水が使用できる便利な給水&給湯機器のことを言います。
従来は業務用に開発されたものでしたが、現在は水の重要性が指摘されるようになったため家庭用としても広く普及しています。

 

お水も業者が宅配してくれるので重たい水を家まで持ち帰る手間も省けます。

 

 

 

ウォーターサーバーの仕組み

 

水のボトルをウォーターサーバーにセットすると、サーバーの中の貯水タンクに一定の量の水が流れ込みます。
このタンクの存在が、いつでも適温ですぐに水が利用できる秘密です。
タンクの中の水量が減ってくると、ボトルから貯水タンクに自動的に水が供給される仕組みになっているのが一般的です。

 

機器本体の中に冷水用と温水用のタンクがあり、いったんそれぞれのタンクに貯蔵されたお水が冷却または加熱機能によって温度調節され、その温度が保たれた状態でストックされます。
利用するときはそれぞれに温度調節されたストック分を供給するため、待つことなくすぐに目的の温度の水やお湯を出すことができるのです。

 

 

 

ウォーターサーバーの機能

 

温水・冷水機能

 

温水は約80〜90度、冷水は約5度ぐらいに設定されています。
冷たい水も冷たすぎない温度でそのまま楽しめますし、ホットコーヒーやカップ麺を作る時にも温水が出てくるのでとても便利です。

 

チャイルドロック

 

小さな子供が居る家庭には便利な機能です。
温水レバーを誤って押すことがないようにロック機能が付いています。

 

無菌エアシステム

 

外部からの空気の進入を防ぎ水の鮮度を保つ水のパックシステム。
ガロンタイプのボトルには適用できないシステムなので、ウォーターサーバーを選ぶときには忘れずにボトルタイプの確認もしてください。

 

 

以上が標準的なウォーターサーバーの機能になります。
この他にも節電できる省エネモードや、サーバー内を清潔に保つ自動クリーンシステム搭載など各メーカーのウォーターサーバーをじっくり比較してみてください。

 

 

 

水の種類が選べる

 

水なんてみんな同じと思っていませんか?
水といっても純水に限りなく近いRO水もあれば、自然の水を活かした天然水などもあり、ウォーターサーバーの水は1つだけではありません。
天然水においてもメーカーごとで採水地や含有ミネラルが異なります。
最近では家庭用のウォーターサーバーを取り扱うメーカーが増えてきているので、多くの種類の水の中からご家庭に合ったものを選ぶことができます。

 

 

 

スタイリッシュなデザイン

 

ウォーターサーバーといえば一昔前までは大きな場所を取るというイメージがありました。
でも一般家庭にも普及している現在では、コンパクトなサイズでスタイリッシュなデザインのものが増えてきています。
サーバー本体のカラーも選ぶことのできる会社が多く、インテリア感覚で使えたり、テーブル置きに使えるサイズのものなど
さまざまな中から選べるようになりました。

 

 

またボトル交換時に重い水を持ち上げることが大変と言う方のために
サーバー本体の下側でお水を交換できるサーバーもございます。

 

 

それぞれのライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

 

 

 

ウォーターサーバーの申し込み

 

ウォーターサーバー本体の設置にはレンタル方式と買取り方式があります。
レンタルと買取りどっちがお得か多くの人が悩むものだと思います。

 

 

ウォーターサーバー本体を買取をする方法

 

ウォーターサーバーの買取のメリットとしてあげられるのが、買取の場合は支払いが終わると自分のものとして活用をする事ができるというのが最大のメリットでしょう。
長期間ウォーターサーバーを利用する予定のある人は、確実にレンタルをするよりも安く利用する事ができます。

 

買取のデメリットとしては、分割支払いが残っている時に解約をしてしまうと一括で返済をしなければいけないという危険があることです。
買取の際には契約をよく確認する必要があるでしょう。

 

 

ウォーターサーバー本体をレンタルをする方法

 

レンタルは各企業により違いますが大体月額の料金も1000円前後と安く設定されているので、気軽にウォーターサーバーを利用したい人にはお勧めです。
またレンタル方式は、長く使うものだと考えず使いたい時だけ使うという一時的な活用を考えている人には便利な方式と言えます。
最近ではレンタル方式ウォーターサーバーを利用する人が最も多く活用している形態です。

 

ただ長く使い続けるにはレンタルにすると高くつく可能性もあります。
あくまでもレンタルなのでなのでお子様の居る家庭では取り扱いには十分に注意をしなければいけません。

 

 

レンタルや買取といった方法で活用できるウォーターサーバーなので、それぞれのライフスタイルに合わせて、また必要を見極めて活用することをお勧めします。

 

 

 

レンタル方式でも買い取り方式でも、ボトル内の水の残量が無くなったら注文し、自宅などに配達してもらいます。
定期購入などであらかじめ配送スケジュールを決めておき、それに基づいて配達してくれるサービスもありもう、お水の心配をすることはありませんね。

水の知識

水の知識として知って欲しいこと

 

 

水道水の危険性

 

安全に水道水が飲める国は世界で15か国しかありません。

 

日本の水道水は、塩素消毒を行うことで殺菌しているため基準では飲んでも大丈夫と言われています。
しかし体に取り入れる食品や生活用品に安全なものをとこだわる人も増えてきました。

 

水道水を直接は飲まず、浄水器をつけ水をろ過したり、ミネラルウォーターをその都度購入している方も
いることでしょう。塩素は人間にとって有害な物質です。
水道水特有のカルキ臭の原因でもあります
。他にも発がん性物質といわれているトリハロメタンや中毒性がある鉛などが含まれている可能性があります。
水道水は本当に安全といえる水なのでしょうか?

 

1980年までは鉛製の給水官が使用されていました。しかし鉛が給水官に溶け出し汚染された水が家庭に運ばれていました。

 

近年では給水官の取替え工事もしていますが鉛製の給水官でなくても法定耐用年数を超えた給水官も
使われています。
腐食性土壌に起因する漏水事故が起きているなど水道管の耐震化率は低くなっています。
地下に埋まっている給水官は見えないものですから

もしその事実を知ったら水道水の危険性を
感じると思います。

 

 

ウォーターサーバーの水の種類

 

ウォーターサーバーを選ぶポイントに水の種類があります。
主に天然水、RO水、RO水+ミネラルがあります。
3つの違いを比べて見ます。

 

天然水

 

自然界の水源から採水された地下水を原料としていて、非加熱処理を行わない自然そのままの味を楽しめる水のことです。
自然のろ過された水は、カルシウムやマグネシウムといった、人間に不可欠なミネラル成分を豊富に含んでいる
美味しいお水がこの天然水となります。

 

天然水のウォーターサーバーとして有名なブランドは、フレシャス、コスモウォーター、クリティア、プレミアムウォーターなどがあります。
水の採取地は、富士(長野県および山梨県)、大分県、京都府、島根県に集中しています。

 

 

RO水

 

RO膜と呼ばれるミクロレベルのフィルターを通してろ過された水で、通常のろ過では除去しきれない微細な不純物も取り除いています。
RO膜を通すことによって、本来お水に含まれているミネラル成分まで除去することが可能となりました。
RO膜を通したお水は、限りなく不純物がゼロになるということで、セシウム問題で、セシウムを除去することができる唯一の方法として広く知られるようになりました。

 

RO水のウォーターサーバーとして有名なブランドは、クリクラ、アクアクララ、ハワイウォーター、アルピナウォーターなどが有名です。
小さなお子様や赤ちゃんのミルク、高齢者の方にはRO水がお勧めです。

RO水+ミネラル

 

RO膜を通しただけのお水(純水)では、ミネラル成分による微かな美味しさや甘味すらも除去されてしまいます。
そこで、クリクラやアクアクララのボトルに入っているお水は、お水をRO膜でろ過した後に、人工的にミネラル成分を足すことによって、安全で美味しいお水を人工的に作り出しています。

 

 

 

水の安全性

 

 

天然水は、自然本来の味を楽しむことができるお水ですが残念ながら放射能問題で、天然水は安心できないと懸念されている方もいらっしゃるようです。
RO膜を通してろ過した水は不純物が限りなくゼロとなるため、RO水の安全性は高いと思います。
しかし、味、まろやかさを選ぶなら天然水がお勧めです。
天然水は各社・各ブランドとも毎月の水質検査を実施しており、これまで放射性物質の検出は確認されておりません。

 

どちらも安心してお飲みいただけます。

 

 

 

 

 

水の選び方

 

水は量より質で選ぶ

 

 日本産と外国産のミネラルウォーターの違い

 

水を飲む量が大切であることは上記で語りましたが同時に水の質も重要になってきます。
水選びをするときにとにかくミネラルウォーターを飲めばいいのでしょう?と簡単に思う人も居ると思いますがこれは大きな誤解です。
私たちが日常口にしているミネラルウォーター、その中身は結構複雑なんです。

 

まずエビアン、ヴィッテルといった欧州産は本当の意味での天然水。
国産のミネラルウォーターは殆どが加熱処理されていますが欧州産のミネラルウォーターは殆どが加熱処理されていません。

 

硬水と軟水の使い分け

 

硬水と軟水で特に優劣はありません。
水としての性質が異なるのでそれを上手に利用することが重要になってきます。

 

動脈硬化、心筋梗塞などから身を守るためには軟水よりも硬水の方がお勧めです。
硬水に含まれるカルシウムとマグネシウムが欠陥を強くさせ血液をサラサラにします。

 

一方で硬水が不向きな方もいます。
代表的なのは腎臓に障害がある人。
このタイプの人が硬水を飲み続けるとカルシウムをろ過できず、尿路結石などを引き起こす場合があります。
また胃腸が弱い方、下痢を起こしやすい人も硬水はマイナスに働きます。
このようなタイプの方には軟水を選ぶことをお勧めします。

 

 

風邪に効果的な軟水の飲み方

 

軟水は風邪に効果があるといわれています。
ウィルスは乾燥したところを好み湿度の高いところでは活動が停止します。
風邪に強い人に共通しているは体内の水分量が一定に保たれている為少しくらいの菌やウィルスが侵入しても
体の中で増殖しないことです。そういう人は風邪やインフルエンザにかかっても一日寝ていれば治ってしまうのは水のおかげで
免疫力が付いているからです。
普段から水を飲む習慣をつけておいた方が良いでしょう。

 

それでも風邪をひてしまった場合には体に優しい軟水の水を常温で飲むようにします。
下痢などで体内の水分を失うようなときは電解質濃度に近いスポーツドリンクなどを飲むようにして安定してきたら
ミネラルウォーターに切り替えます。
喉が痛み、咳が出るようなときは寝る前にミネラルウォーターを飲むようにします。

 

 

体の中での水の役割

 

覚醒 血液の循環促進

冷たい水で目覚めスッキリ!

血液サラサラで冷えやむくみを予防

発汗 新陳代謝促進

汗となって体温の上昇を防止

古い細胞をフレッシュな細胞に

利尿・排便 鎮静

老廃物の排出・便通促進にも

脳に集中した血液を全身に流す

解毒・希釈 入眠

有害な物質を体外に押し出す

緊張感をほぐして心地よい眠り

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ウォーターサーバーの一覧 水素水比較 ウォーターサーバーTOP10 コスト_機能_比較 ウォーターサーバーの特徴 キャンペーン情報